ルアー

ライン

リール

ロッド

スピニングは、メーカ−によりますが2500番〜3000番ぐらいが最適です。ベイトは、ブレーキ機能のついたキャストできるものなら何でも結構です。

6cm〜12cmぐらいのミノーがメインです。状況によってバイブレーション、スピンテ−ル、ソフトルアーなどを使用します。慣れないうちはルアーロストがある恐れがありますので多めに持参ください。少量ですが船内でも販売しています。詳しくは事前にご確認ください。

PEライン0.8号でリーダーは4号。

6フィート前後のバスロッドが最適。硬さはミディアムライトもしくは、ライトでスピニング、ベイトどちらでも結構です。ナイトフィッシングになりますのでトラブルを考えスピニングをお勧めします。※7f以上長いロッドは、キャスティングしにくいので、短めのロッドをお持ちください。

リーダー、もしくは道糸の先にワイヤーを入れ、その先にルアー(ワーム)、テンヤ15g〜25gをセットします。ワイヤーの上ぐらいにケミ蛍50、75をセットして完了です。(テンヤの場合、餌は各自で用意ください。)

無理に細くする必要はありません。ナイロンですと4号。PEですと、1号ぐらいで構いません。

基本的にはスピニングリールで2500番から3000番ぐらいのリールが一般的です。ベイトリールの場合は、キャスティングブレーキの付いている100番、200番ぐらいです。

しっかりフッキングできるもの。エギングロッドやバスロッドでオッケーです。長さは、6f〜7fぐらいが使いやすくいいと思います。

ルアー

ライン

リール

ロッド

ジグ(太刀魚用グローなど)80g〜100gぐらいカラーはお好みでいろいろお持ちください。その日によってアタリカラーが変わります!テンヤですと、30号か、40号ぐらい。対応ロッドで餌は各自で用意ください。

PE1号〜1.5号でリーダーを40ポンドを1.5〜2.0m。先だけ0.5m80ポンド入れます。ワイヤーリーダーを使うと圧倒的にアタリが減ってしまいます。

スピニングリールで3000番〜4000番ぐらいのリールが一般的です。ベイトリールの場合は、200番ぐらいです。

ジギングロッド、もしくは専用のベイジギング、サーベリング、鯛ラバロッドで構いません。

ルアー

ライン

リール

ロッド

ティップランエギングでは基本、30g〜40gのエギがメインになります。カラーはお好みで!

ラインはPEラインで0.6号〜0.8号ぐらいまでで、リーダーは1.5m〜2mぐらい。フロロの1.5号から2号。ノットはご自分でよろしくお願いします。

必ずティップラン専用ロッドでお願いします。通常のエギングロッドでは、アタリがわかりませんので。7フィートぐらいまでがベストです。

ルアー

ライン

リール

ロッド

基本的にはスピニングリールで2500番から3000番ぐらいのリールが一般的です。

瀬戸内海では60gが一般的です。ヘッドが鉛とタングステンがありますが、経験上タングステンの方が圧倒的にアタリが多いです。ですが、高活性の時は、鉛でも十分に釣れます。日によって、ラバーやスカートの色でアタリの数が違いますので、できるだけ多めに持っておいて下さい。

ここが一番重要です。ラインはPEラインで必ず1.2号まででお願いします。太いラインを使うと周りの方とおまつりをしてしまう恐れが有ります。ラインはPE1号ぐらいがお勧めです。リーダーは1m〜2mぐらい。フロロの3号から4号。ノットはご自分でよろしくお願いします。

鯛ラバ専用ロッド、もしくはライトジグング用のやわらかめのロッド。6フィート前後ぐらいがベストです。

ルアー

ライン

リール

ロッド

ベイトリールをお勧めしします。手返しの速さや、スローでリーリングするにはスピニングでは厳しいと思われます。最近では鯛ラバ用のリールも出てきていますね。

基本はメバルジグヘッド1g〜5g。ワームは1〜3インチ程度。メタルバイブやメバルプラグ、ジグなどもOKです。詳しくは事前にご確認ください。

ナイロンライン、フロロラインの2ポンド〜4ポンドぐらいがお勧めです。メバルもサイズが出ますので通常の1ポンドアップぐらいがいいと思います。

スピニングは、メーカ−によりますが2500番以下の小さめのものがお勧めです。

7フィート前後のメバル専用ロッド。バットパワーのあるものをお勧めします。

ルアー

ライン

リール

ロッド